横浜・みなとみらいの弁護士事務所

LM総合法律事務所

神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー43階
電話:045-872-4300(代表)

受付時間:平日9時〜19時,土日祝日10時〜17時

無料法律相談のご予約は

045-872-4392

事業承継・M&Aについて(弁護士山本悟)

正確な情報がわかりましたら事務所HPで告知しますが、私が執筆者の一人になっている税法に関する書籍が春に発売予定です。民法上の典型契約毎に、税法のトピックを整理・解説する、新しい形の書籍です。大変良い本になると思いますので、興味がある方は是非一度見てください。

 

さて、今回は事業承継・M&Aに関するご紹介を致します。 事業承継・M&Aに関して、皆様が持たれているイメージはどのようなものでしょうか。企業買収という言葉が結びつくと、ライブドアの一件のように、敵対的な買収のようなイメージが残っており、あまり良い思いのない人が多いかもしれません。

しかし、日本で現在行われている事業承継・M&Aのほとんどは友好的なものであり、お互いの事業を活かすことを目的に行われています。事業同士の「結婚」と表現する人がいます。

また、今後の日本の人口減を前提とすると、会社や事業を動かす人自体も減り、当然会社や事業自体も減少していくことが予想されます。会社や事業は、そこに関わる人の想いや手間、時間やお金など、様々なものが注ぎ込まれて存在します。これだけ様々なものが注ぎ込まれて存在している会社や事業が、後継者や運営資金を欠くことで無くなってしまうのは極めて大きな経済的資源の損失です。むしろ、限られた資源を最大限に活かすために、事業承継・M&Aという手法は積極的に利用されるべきであり、人口が減少し国力が落ちると言われている日本に活力を取り戻す方法といえるのではないでしょうか。

これまで会社や事業を育ててきたものの、後継者不足や時代の変化により事業の継続が難しく、畳もうと考える経営者の方は沢山おられると思います。しかし、そういった会社や事業にこそ、素晴らしい技術があり、日本を下支えしていただいていました。こういった会社や事業に、別の会社や事業の新しい考えをミックスすることで、より素晴らしい会社や事業が出来上がる可能性は多いにあるのではないかと思います。

経営者の皆様におかれましては、単に事業を売却してお金にするだけでなく、これまで多くを注ぎ込んだ会社や事業を後世に残し、引いては日本経済を復活させるために、事業承継・M&Aを選択肢に入れていただきたいと存じます。

 

弊事務所は、株式会社日本M&Aセンターによって運営されている&Biz(アンドビズ)の公認アドバイザーに登録しております。なんと、日本の法律事務所では一番最初に登録した事務所、ということです。

&Biz(アンドビズ)の公認アドバイザーのメリットとして、

①全国の事業の売主・買主のデータベースを独自に作成しており、これにアクセスできる

②公認アドバイザー同士で取引を主導するため、他のM&A業者で事業承継・M&Aを行うよりも低い手数料で事業承継・M&Aを行うことができる

M&Aに精通した&Biz(アンドビズ)の専任スタッフのサポートを受けることができる

が挙げられます。

特に①について、事業承継・M&Aを行うとなると、最低でも1000万円近い金額が掛かってしまい、小さい会社には現実的な方法ではありませんでした。

しかし、&Biz(アンドビズ)を用いることで、100~200万円くらいの金額から事業承継・M&Aを目指すことができます。また、全国の会社のデータが載っているため、これまでは近隣都道府県の会社や事業同士の事業承継・M&Aしか考えられなかったところ、遠い都道府県にある会社や事業間で事業承継・M&Aが成立し、思わぬシナジー効果が生じた例もあるようです。

 

私は昨年M&Aシニアエキスパート認定試験に合格しました。事業承継やM&Aを少しでも考えていたり、気になっていたりする経営者の方がおられましたら、いつでもご相談下さい。

(平成30年3月19日)

バックナンバー一覧へ戻る